旬のページ:2003年5月

ツツジ

ツツジ科/ツツジ属
常緑/半常緑 低木

学名:Rhododendron
英名azalea
原産地:各地


5月になりました。あちこちで花が咲き、木々の緑もいっそう深みを増してきました。
小関園芸の庭もとても華やかになってきました。
道路沿いにひときわ目立つ花があります。



’ツツジ’です。いつもは緑色なのですが、この時期になるとここぞとばかり咲いています。
’ツツジ’といってもとても多くの種類があります。
ツツジは日本で古くから育てられている花で、小関園芸で生産している’アザレア’も
その仲間です。(アザレアについてはこちらから)
庭に植えられているツツジの種類は少ないですが、少し紹介します。



こちらは’ヒラドツツジ’です。大輪で一重咲きであるのが特徴です。
小関園芸にはこの色しかありません。

次に’クルメツツジ’です。道路沿いに植えられているのがこれです。
こちらは色々あります。

 



 



 

サーモンピンク

 

ピンク

 

紫(少し咲きが悪いです)

別の場所にアザレアも植えられていました。
このアザレアは、小関園芸で生産している種類とは別の種類です。



 

各種類違いがありますが、葉にも違いがあります。


こちらはアザレアの葉です。



クルメツツジの葉。



ヒラドツツジの葉です。
少し’シャクナゲ’の葉に似ていますね。



ちなみにシャクナゲの葉はこんな具合です。
まだ花は咲いていませんでした。

小関園芸の庭にはずいぶん前からツツジが植えられていて、
毎年この季節になると、一斉に花を咲かせていました。
しかし数年前に、大がかりな庭の手入れをしたところ、いくつかの
ツツジの咲きが悪くなりました。



特に紫色に多いようです。

また昨年の話ですが、ツツジがいくつか枯れることがありました。
よく調べてみると、ツツジの根が食い荒らされているのがわかりました。
犯人はモグラでした。
仕方なくモグラ用の罠をしかけて、数匹捕らえました。
今は被害を受けていませんが、その傷跡はまだ残っています。



そんな苦境も乗り越えて、ツツジは今年も咲いています。

最近庭の前で、人が立ち止まっているのを良く見かけます。
ある人は写真も撮っています。
よく見ると外国の方が多いようです。
ツツジと純和風の庭をバックに日本の記念写真を撮られているようです。



何か少し日本の代表になったような気がします。
と同時に、日本の恥にはならないようにしたいと思いました。



    

AccessCounter