旬のページ:2001年10月

さざんか
ツバキ科/ツバキ属
漢字:
山茶花(?)
学名:
Camelia sasanqua
原産地:四国、九州地方の山中

「落ち葉焚き」の歌にも登場する”さざんか”は、これからが見ごろです。
秋も深まり、寒さが増すこの季節の貴重な花ものです。
"さざんか”はツバキの仲間で、お茶の木”チャ”もそうです。チャもこの時期花をつけます。
”山茶”とは本当はツバキのことで、”さざんか”を”山茶花”とは書かないとも言います。
小関園芸の庭先にあるさざんかも花をつけ始めました。



これは山に生えている原種系の品種で、こんな花を咲かせます。



園芸品種にはこのような花もあります。




今年もいっぱいのつぼみをつけました。
夏までに花のもとが出来るので、夏に伸びた枝にはつぼみが付いていません.

 

”さざんか”は害虫にも好まれやすいようで、小関園芸のさざんかもこのように。



寒くなるとつい屋内にこもりがちで、外の景色を楽しむ機会が少なくなりますが、
たまには外に出て、寒空に咲く”さざんか”を見つけてみてください。



    
AccessCounter