号外! 小関園芸のさくらの木が...
2001年7月18日更新記事


今年の4月、小関園芸ホームページのリニューアルに合わせて旬のページを始めました。
その記念すべき第一回の旬のものが”さくら”でした。憶えていますか?

さくら−正面

こんなにきれいに咲いたさくらは、来年の春に向け、葉をいっぱいに茂らせていました。

が、しかし!

7月17日(火曜日)午後4時10分頃、岐阜県中濃地方を大きな雨雲が襲いました。
雨、風と雷が大暴れ。
雷は近くの民家に落ち、火事を引き起こしました。
雨はとなりの美濃加茂市で45ミリを記録するほど強いものでしたが、
小関園芸の施設は雨による大した被害はありませんでした。それよりも、
大風!!
台風並みの風が吹き荒れ、小関園芸の施設へ通じるドアが吹き飛びました。
被害はそれだけではありませんでした。風雨が落ち着き、園内を見まわると、


さ、さくらの木がおれている!

2つある大きな枝の片方が、バックリと折れていました。
3年前の台風でも、少しは枝が折れたのですが、こんな被害は初めてでした。
スタッフ一同、しばらくの間声がありませんでした。

さくらの木は、これだけ大きなケガをすると、じきに枯れてしまうといいます。
昔から”さくら切るばか”と言いますが、基本的にさくらは切らないほうが良いとされています。
こうなってしまっては、枯れるのを待つばかりと思い、涙を飲んで切ってしまうことにしました。

翌日の朝、まずは回りの枝をチェーンソーで切っていきます。
”今にも電線にからみそうな”と以前書いたかと思いますが、
電線に触れないよう、慎重に切っていきました。
そしてとうとう伐採です。
いちばん被害の少ない方向に向けて倒します。
その瞬間を連続写真でどうぞ。

倒し終わったさくらの木は、なんともいえない姿で、私達の前に横たわっていました。

だけど、いつまでも悲しんでいるわけではありません。
この木は何かに使えるのでは?と思い、とりあえず刻んでみました。

皮をむいてみたらどうだろう?

昨日の雨で、水分をたっぷりと含んでいるので、たまねぎの皮をむくかのように
簡単に皮がむけます。(たまねぎよりは当然硬いのですが)
手ごろなところをむいてみます。

大小計5本の素材が出来あがり!
あとはこれをどう加工するか?ただいま検討中です。
オブジェが出来あがったら、報告します。

こんな作業をしながら、何とか気はまぎれましたが、いつものあの場所にあの木はありません。
次の春が来ても、あのきれいなさくらが見られないのは寂しいものです。
形有るものはいつかは壊れる、これが本来の自然の姿なのでしょうか。


    

AccessCounter