旬のページ:2001年4月
さくら
バラ科/サクラ属
学名:
Prunus yedoensis Matsum(そめいよしの)
Prunus donarium Sieb. var. spontanea Makino(やまざくら)
Prunus subhirtella Miq(ひがんざくら)
Prunus Itosakura Sieb(しだれざくら)

さくら−正面

小関園芸の敷地内に植えられた1本のさくらの木が、きれいに咲きほこって
います。品種はこひがんざくら(ひがんざくら)で、8年目をむかえます。

さくら−母屋をバックに

私が感ずるに、さくらとはなんとけなげなものでしょうか。
夏は青々と葉を茂らせ、また害虫も好むため、退治に苦労します。
台風の時期には枝を折られ(3年前の台風にてこのさくらも...)
冬になれば葉を落とし、寒さにたえ、ただこの時のために力をたくわえ、
ここぞとばかりに花を咲かせます。そしてすぐ散ってしまうのです。
今にも電線に絡みそうなこのさくらは、普段は誰にも見向きもされない
のですが、年に一度だけ、人の注目を集めます。
道路に面するこのさくらの木は、道行く人の足をとめ、車で通る人は、
しばらくの間車を停め眺めています。

さくら−アップ

さくらは、もともとは白い花でしたが、昔の武士がこのさくらの木
の下で自害するならわしがあり、その血をすって淡いピンク色に
変ったといわれます。

日本になくてはならない花、”さくら”を初回の旬のページに載せられたことを
幸せに思います。


    
AccessCounter