ホーム 旬のページ 花の図鑑 出荷情報 イベント ショッピング Q&A


斑入のヒペリカムC
ヒペリカム シルバーレイン

 耐寒性 常緑低木
科名 オトギリソウ科
属名 ヒペリカム属
学名 Hypericum moserianum 'SilverRain'
英名 Silver Rain
花期、花色 初夏(7〜10月)、黄色
原産地 園芸交配種
出荷形態
2012年
ポット苗:3号(未定)

特性表
耐寒性 耐暑性 耐陰性 耐乾性 病気 害虫
強い 普通 普通 普通 強い 強い

育て方は”育て方のポイント”へ。

斑入りシルバーリーフのヒペリカム”シルバーレイン”

カラーリーフヒペリカムの新色です。
シルバーにグリーンの斑が流れるように入る、爽やかで涼しげな葉っぱが特徴です。

用途は色々。
寄せ植え、ハンギングバスケットやカバープランツに使えます!


”シルバーレイン”は、小関園芸で生産している”ヒペリカム トリカラー”から生まれました。

トリカラーを生産している時、変わった葉っぱを見つけました。
ほんの一枝だけです。

見過ごしてしまいそうなその葉っぱ。
でも何だか魅力的…

試しに挿し木をしてみました。

最初は緑色の枝が出たり、固定がうまく出来ませんでしたが、
きれいなシルバーリーフが出来ました。


しかも寒さに遭うと…



こんな色に変化してくれます。
これは二度お得!!

生産僅かですが、細々とやってます。



育て方のポイント

日なたか半日陰の場所を好みます
’ヒペリカム シルバーレイン’は、日なたか半日陰の場所に置くか植えてください。
特に日なたの場所を好みます。
日があまり当たらないと、初夏の花付きが悪くなります。



寒さ暑さにも耐えます
関園芸の庭での試験では、最低気温は−8℃、最高気温は37℃の環境でも耐えました。
ただし耐えただけで、極限の間は元気に生育していたわけではありません。
生育適温は5℃〜25℃くらいでしょう。
夏の暑さでちょっと新芽がいじけることもあります。


水は十分に、室内の場合は湿度に気を付けて
土が乾いたら水は十分に与えてください。
ヒペリカムは水が切れてくるとすぐにしおれ状態になります。これが長い間続くと、葉が痛んだり、枯れたりします。
なるべくしおれさせないようにしてください。


プランターや大きい鉢に植える時は
ポット苗はすぐに植えることができます。
植え替えるときは水はけの良い土を選びましょう。


肥料の与えかた
お買い上げ後2ヶ月くらいは肥料を与える必要はありません。
2ヶ月を過ぎて、刈り込みを行う頃から、市販の化成肥料を月に1回ほど与えて下さい。
株の成長が旺盛ですから、大きくなるにしたがって肥料も多くして下さい。
肥料の種類、量に関しては、メールでのお問い合わせ又は
園芸店等でお問い合わせください。
メール問い合わせ先:info@oz-plants.jp


枝が伸びたら適度に刈り込みを
’ヒペリカム シルバーレイン’の枝はとてもよく伸びます。
放っておくとすぐに枝が長くなります。
良く伸びた枝は、根本の方から刈り込んでください。深く刈り込んでも枯れることはありません。

またたまに、斑の戻った青い枝が伸びてくることがあります。
この場合はなるべく根元の方から切り取ってください。


病気や害虫に対して
シルバーレインは病気や害虫にわりと強い植物です。
庭に植えておいても、とくに目立った害は受けません。
ですがまれに害虫に食べられる事もあります。
普段から、病気や害虫に注意して下さい。



園芸店等お店でお使いのポップには、下記ボタンからポップを印刷出来ます。
(PDFファイル 2,359kb)


育て方全般のお問い合わせもメールでどうぞ。
info@oz-plants.jp


 へ戻る