豊明花きトレードフェア2005春

会期:2005年3月19日(土)
    午前9時〜午後3時
会場:愛知豊明花き地方卸売市場 場内
対象:豊明花きの買参人
(一般の方の入場は出来ません)

小関園芸で生産する商品は主に全国の市場に出荷され、
そこから色んなお花屋さん等に行きます。

小関園芸が主に取引きをしている市場の一つ”愛知豊明花き地方卸売市場”が
年に2回開催している”トレードフェア”に出展しました。
(愛知豊明花き地方卸売市場のHPはこちら→http://www.toyoake.or.jp/

このトレードフェアは春と秋の年2回行われ、今回で3回目です。


鉢花業界の流れの基本的な部分を簡単に説明します。

生産者 → 市場 → 卸業者 → お花屋さん → 消費者
        又は → お花屋さん → 消費者

現在はそれ以外の流通も多くありますし、より複雑にもなってきていますが、
昔から行われていて、現在もあるものがこの流れです。
私たち生産者が商品を作り市場に出荷するのですが、最近では流通の発達により、
卸業者やお花屋さんと直接話をする機会が無くなってきました。
(昔は自分のトラックで市場まで運んでいたため、市場で会うことが出来ました)

そこで、市場でこういった商談会を設けることで、商売を活発にしようと豊明花きが
開催したのが、このトレードフェアです。

内容として以前ご紹介した”岐阜花き流通センター内覧会”と同じようなものですが、
違うところは、”岐阜の内覧会”は情報交換を主にするのに対し、このトレードフェアは
商談を主にするところです。


今回も前置きが長くなってしまいましたが、要するに景気が悪くなってきたので、
今までのように作るだけではダメで、生産者も営業活動を本気でしなければというものです。

私も毎回出展しています。
回を追う毎に色んな企画が盛り込まれ、進化しています。
今回は特に、地元愛知県の生産者の力の入れようがすごく、驚きました。

全体の様子です。



細かい写真もいくつかあるのですが、肖像権の関係で掲載しませんでした。

岐阜からも約20件の生産者が出展しました。

うちのブースはこんな感じです。



”岐阜花き流通センター内覧会”とは違います。
ちょっとパワーが足りませんでした。
やっぱり遠くなると、凝ったことが出来なくなってきます。

でも新しい商品や企画も持っていきました。

豊明花きさんには、いつもいっぱい注文を頂いています。ありがとうございます。
今回も来場頂けたお客様から注文を頂きました。
重ねてありがとうございます。


会場で気付いた所は、ずいぶん若い方が多い事です。(私も若い部類ですが)
生産者、買参人(卸業者、花屋さん)共に、活発に動かれています。

新しい動きも多く見られました。とても刺激になります。

私たちの花業界も不景気の波に飲まれています。
抜け出るために皆必死になってきました。(少し他の業界より遅いですが)
先輩達が作ってきた良き物は守ると共に、私たち若い世代も新しい物に
どんどん取り組んでいって、改革すべきものは変えていきたいと思います。


このコラムへのご意見はメールにて!
info@oz-plants.jp


AccessCounter